不登校新聞

390号 (2014.7.15)

千原ジュニアさんの不登校、自伝的小説に

2014年07月11日 14:58 by shiko


◎書籍紹介

 一番難しいのは不登校直後の自分の心境を書くことです。でも親にとっては、そこが一番知りたいところ。「子どもの気持ちが知りたい」と思う親に、私が自信を持っておススメできるのが、この『14歳』(著・千原ジュニア)です。
 
 『14歳』は、お笑い芸人・千原ジュニアさんが書いた自伝的小説。千原さんも不登校をし、ひきこもり、その後、お笑いの道に進みました。ちなみに私も14歳から不登校ですが、読んで驚きました。「これはリアルだ」と。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...