不登校新聞

390号 (2014.7.15)

山口県で不登校新聞社が講演会実施

2014年07月11日 15:40 by kito-shin

講演会のようす

 6月28日(土)、全国不登校新聞社が山口市内で開催した講演会には、本紙読者を中心に30名が参加した。
 
 講演「不登校・ひきこもり~親はどう支えればいいの」では、奥地圭子さん(本紙代表理事)と西村秀明さん(宇部フロンティア大学教授)が対談した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりイベント情報

535号 2020/8/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

535号 2020/8/1

オンライン親の会、全国のフリースクール・フリースペース、訪問支援団体等の一覧

534号 2020/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...