不登校新聞

251号(2008.10.1)

かがり火 多田元

2014年07月17日 14:42 by nakajima_

 大阪府の浪速少年院にドーナツおじさんの逸話が本になって伝えられている。

 戦後、飛行機で宣伝ビラをまく仕事で事業に成功した山下さんが飛行中、自分が少年時代にえん罪により収容された少年院を下界に見つけたのが縁になり、いつもドーナツの土産をもって少年院を訪問し、少年らと交流したのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...