不登校新聞

251号(2008.10.1)

声「丹波ナチュラルスクール事件」

2014年07月17日 15:09 by nakajima_


 京都府の丹波ナチュラルスクール事件と、その後のフリースクールの動きについて、本紙通信員が執筆した。

 どうしてなんだろう? フリースクールに逆風?

それがどうした。順風を期待していたのか。どうなってるんだ。あんなところはフリースクールじゃない。自分のところこそがフリースクールなのだというおごりか、それとも正気か。だれに声明を出すというのか。ぼくらのフリースクールとは関係ないと世間に発表したいのか。ぼくらは小さいね。なにをそんなに敏感に反応しなければならないの。じっと耐えてきたことを忘れたのか。それほど世間の理解が進んだとでも言いたいのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

516号 2019/10/15

「ひきこもったまま出馬し落選」あきらめて楽しんでる41歳男性の半生

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...