不登校新聞

251号(2008.10.1)

声「丹波ナチュラルスクール事件」

2014年07月17日 15:09 by nakajima_


 京都府の丹波ナチュラルスクール事件と、その後のフリースクールの動きについて、本紙通信員が執筆した。

 どうしてなんだろう? フリースクールに逆風?

それがどうした。順風を期待していたのか。どうなってるんだ。あんなところはフリースクールじゃない。自分のところこそがフリースクールなのだというおごりか、それとも正気か。だれに声明を出すというのか。ぼくらのフリースクールとは関係ないと世間に発表したいのか。ぼくらは小さいね。なにをそんなに敏感に反応しなければならないの。じっと耐えてきたことを忘れたのか。それほど世間の理解が進んだとでも言いたいのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子への「プリントお届け問題」届ける側から届けられる側になった私【当事者手記】

476号 2018/2/15

「学校のプリントお届け」つらかった?うれしかった?不登校当事者の本音は

476号 2018/2/15

不登校の僕が望んだのは「理由を聞くこと」ではありません【不登校経験者に聞く】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...