不登校新聞

360号(2013.4.15)

第16回 強迫神経症の有効策は

2014年02月26日 17:46 by koguma


連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」


 恐怖や不安に対して、現在の精神医学は「投薬」と「認知行動療法」が有効だと主張します。
 
 身のまわりには、恐怖や不安(今回は、両方を合わせて、恐怖とまとめて書きます)の原因はたくさんあります。当然ですが、これらをすべてなくすなんてことは、不可能です。また、これまでお話してきたように、恐怖の感覚(恐怖感)というのは、生きていくためにとても重要な感覚です。ですから、人間から恐怖感そのものを取り去ってしまう、というわけにもいきません。そこで、医学は次のように考えるのです。
 
 日常どこででも出会うような恐怖に対して、なるべく冷静に受けとめ、適切な対応を選べるようになる経験を積むこと。そういう経験を蓄積していけば、「なんとか恐怖を乗り切れるだろう」という自信も、徐々に回復してくる。
 
 恐怖の原型は、外部刺激に対する防衛処理だとお話したことを思い出してください。現実体験を通して恐怖を操作していく経験をうまく積んでいけば、ゴールにたどり着けるのではないか。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...