不登校新聞

360号(2013.4.15)

第7回「なぜひきこもり続けたのか」

2014年02月13日 15:40 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 今までの連載で、なぜそんな苦労してまでひきこもりを続けるのか理解できない方も多いと思う。今回は、なぜやめることが難しいか、誤解を受けやすい表現もあるが、当時、感じていたことをそのまま思い出して綴ってみたい。

①ひきこもり依存症になっている
 ひきこもりとは、たんに部屋に閉じこもることではなく、つらさから逃避する行動に依存することである。自覚症状もないし、社会もこれを依存症と思っていない。しかし、依存症なのでひきこもりを正当化するための理屈を生成しだす。こうなると、思考が歪んでいく。

②向精神薬を飲み過ぎている
 向精神薬を飲み過ぎると、思考力が落ちる。危機感によって人は考え始めるのだが、その危機感を感じると薬を飲むため、まじめに生きることを考えていく発想を失う。また、生命力が落ちることで行動する気力も失う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...