不登校新聞

360号(2013.4.15)

第7回「なぜひきこもり続けたのか」

2014年02月13日 15:40 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 今までの連載で、なぜそんな苦労してまでひきこもりを続けるのか理解できない方も多いと思う。今回は、なぜやめることが難しいか、誤解を受けやすい表現もあるが、当時、感じていたことをそのまま思い出して綴ってみたい。

①ひきこもり依存症になっている
 ひきこもりとは、たんに部屋に閉じこもることではなく、つらさから逃避する行動に依存することである。自覚症状もないし、社会もこれを依存症と思っていない。しかし、依存症なのでひきこもりを正当化するための理屈を生成しだす。こうなると、思考が歪んでいく。

②向精神薬を飲み過ぎている
 向精神薬を飲み過ぎると、思考力が落ちる。危機感によって人は考え始めるのだが、その危機感を感じると薬を飲むため、まじめに生きることを考えていく発想を失う。また、生命力が落ちることで行動する気力も失う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...