不登校新聞

360号(2013.4.15)

大津中2いじめ自殺 第4回

2013年08月06日 14:55 by shiko



担任は何を思ったか

 大津中2いじめ自殺を一番近くで見ていた大人である担任は、一連の事件をどう見ていたのであろうか。担任が大津中学校へ異動したのは、事件が起きた2011年の4月。担任業務のほか学年主任も兼任していた。

少年に対しての対応

 報告書によれば、いじめが激化した9月中旬から10月11日までの約3週間、担任は少年に対して計9度以上は、声掛けやいじめ現場の仲裁を行なっている。ほぼ3日に一度は声をかけているのだから熱心なようにも感じるが、その対応は、どこか的外れであった。顕著だったのは10月3日~5日のあいだである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...