不登校新聞

391号 (2014.8.1)

うれしかったお父さんとの会話 ちなつさんの場合

2014年07月30日 18:06 by kito-shin


 数カ月前のことです。私は心療内科に通っていて、父に病院まで車で送ってもらいました。病院までの道すがら、父はアルバイトの話をしてきました。「受付の仕事なんてどうだ」。私は「考えておく」とだけ返事をしましたが、心のなかではただただつらかったのです。私はいい年をしてバイトもできない。働くことができないから一人前になれない。その苦しさは私が一番よくわかっています。私のことを心配して言ってくれているのはわかります。でも言われたくないことだってある。父とはこうした言葉のやりとりでたくさん傷ついてきました。
 
 でも、うれしかった会話もあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...