不登校新聞

391号 (2014.8.1)

記者コラム 最高の“お断り”だった水木しげるさん

2014年07月30日 14:39 by kito-shin


 あまり知られていませんが、本紙のインタビュー取材は、すべて無料で受けていただいています。当事者や親はもちろんですが、かなり著名人の方も同様です。つまり、宣伝効果がほとんどなく、ギャラもなく、時間はかかる……、"気持ち一つ”でみなさんに承諾をいただいています。だからこそ、取材の企画書(依頼書)は一生懸命、作成します。なぜ、いま、その人に取材したいのか。その人でなければダメなのか。自分のなかで「これが一番だ!」と思う理由を考え、言葉を整理し、相手にわかりやすいよう企画書を作成する。私の場合は、この作業が人より遅くて数日間かかります。もちろん、子ども若者編集部の人だと慣れていないので数カ月間ほどかけて企画書をつくる人もいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...