不登校新聞

250号(2008.9.15)

声「自分を出せる居場所」

2014年07月30日 14:59 by nakajima_



 今の私の関心事は、コミュニティーとは何かということです。不登校・ひきこもりばかりではなく、虐待や自殺・事件の根っこには「孤立」(居場所の喪失)があることにやっと気がついてきたのです。 私は「ここは安心して自分を出せる場だろうか?」と、無意識に思っているのだな、と意識することが多くなりました。こういった用心深さが自分を苦しくさせていることを知りつつも、身の危険を感じるのだからしかたありません。まわりの人や仲間に自分を合わせる苦しさ、人の輪の中にいることが苦しいという子どもたちのことを、私も自分事として感じます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...