不登校新聞

250号(2008.9.15)

声「親の会発足18年、ふり返って」

2014年07月30日 15:01 by nakajima_


 親の会が発足して18年になります。ふり返ってみると、当初は20人くらい集まっていた親もいまは3、4人です。

 子どもが不登校になったころ、親はみんな一生懸命に悩んでいました。頭をフル回転させていろいろ考え、パワーもエネルギーもすごかったし、親どうしの横のつながりも今より強かったように感じます。

 教育委員会に卒業や居場所づくりについての要望を出したり、「この人だ」と思ったら面識もないのに勝手に手紙を出して講演を頼んだりしたこともあり、懐かしく思い出されます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...