不登校新聞

250号(2008.9.15)

書評「学校を辞めます」

2014年07月30日 15:14 by nakajima_

『学校をやめます~51歳・ある教員の選択』
湯本雅典著 合同出版2008年

 近年、不登校やいじめといった事柄が学校現場において問題となっているが、それらはけっして子どもと子どもとのあいだに起こる問題とはかぎらない。

 にもかかわらず、教師が抱えるこうした問題は表に出てくることが少ない。この本は、そうした教師たちが抱える問題の一端と真正面から向かい合い、赤裸々に語ったものである。

 著者の湯本雅典氏は26年間、東京都の公立小学校で勤めたベテラン教師である。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...