不登校新聞

250号(2008.9.15)

ひといき 小熊広宣・山下耕平

2014年07月30日 15:30 by nakajima_

 飛行機が苦手な私にとって、今夏の佐賀合宿は厳しいものだった。出発当日は緊張のあまり一睡もできず、羽田に着くと同時に、満腹にもかかわらずパンをがっついた。精神科医に聞かずとも、ストレスによるものだとわかった。

 握り拳をつくり侍のように座して離陸を待つ私の横で、石井編集長はこのうえなく元気で意地悪だった。飛び跳ね、窓ガラスをドンドンと叩く。事情を聞くと、「本当はクラッカーとか持ち込みたかったけど、火気厳禁だから」とのこと。「スチュワーデスさん、この人キケンです。降ろしてください」と懇願しようとした瞬間、離陸。私の飛行機ぎらいは、ますます加速する。(東京編集局・小熊広宣)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...