不登校新聞

391号 (2014.8.1)

どんだけ「だ行+ら行」やねん 山下耕平

2014年07月30日 20:25 by kito-shin


@編集後記

 うだるような暑さに、だるくて、だらだらだらけてしまう。
 
 からだがだらんとして力が入らず、あまりの蒸し暑さに、だらりと頭を下げてうなだれている。我ながらだらしがない、堕落している……と書いてみて、「どんだけ"ダ+ラ行”やねん!」と思う。茹だる、怠い、垂れる、堕落……漢字はちがえど、どうにも「ダ+ラ行」のようだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...