不登校新聞

360号(2013.4.15)

宇都宮市にて 講演会テーマは“子どもの命”

2013年04月12日 14:04 by kito-shin

 「交流ハウス・亀の島」10周年記念事業 不登校・ひきこもり子どものいのちに寄りそう~

 5月26日、栃木県宇都宮市にて講演会「不登校・子どものいのちによりそう~」が開催される。主催は「交流ハウス・亀の島」。
 
 昨今、いじめ、体罰などをめぐり、子どもが自ら命を絶つ事件が問題となっている。2012年に自殺した人は2万7766人と、15年ぶりに3万人を下まわったことが注目を集めたが、うち学生で自殺したのは971人だった。
 
 講師は奥地圭子さん(本紙代表理事)。学校現場のみならず、社会全体で子ども・若者の命が大事にされにくいいま、命に寄り添うとはどういうことか。35年にわたり、不登校に取り組んだ経験から語る。
 
 また講演会当日は、不登校をした子どもたちがつくった自作映画「不登校なう~居場所を求めるわたしたち~」も上映される。
 
 詳細は、上記を参照のうえ、「交流ハウス・亀の島」までお問い合わせを。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...