不登校新聞

249号(2008.9.1)

文科省通知 小学生の携帯所持「原則禁止」

2014年08月07日 14:26 by nakajima_
 文科省が7月25日、小中学生の携帯所持の原則禁止などを求めた通知を出した。通知は、携帯電話の利用実態の把握や携帯の取り扱いに関する方針の明確化を求めており、本格的に小中学生の携帯電話の原則不所持が徹底される見通しとなった。

 08年6月「子どもを守り育てる体制づくりのための有識者会議」(主宰・池坊文科副大臣)が「第二次まとめ」を発表。学校非公式サイトやネットいじめ、出会い系サイト絡みの犯罪などを考慮し、携帯電話の取り扱いについて提言がされていた。今回の通知は、これを受けてのもの。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...