不登校新聞

249号(2008.9.1)

不登校の“高校生”なら、フリースクール通いにも通学定期適用?

2014年08月07日 15:38 by nakajima_
 08年5月29日、フリースクール環境整備推進議員連盟(会長・鈴木恒夫文科大臣)が発足し、フリースクールに通う高校生年齢の子どもに対する通学定期発行が検討されている。一部報道では、文科省がフリースクールに通いながら、高校にも在籍する生徒にのみ「通学定期券を発行する方針を固めた」という趣旨の報道があったが、文科省とJRは、これを否定した。

 フリースクール議連はこれまで3回開かれ、定期券の割引率などの資料も提出された(図参照)。そのなかで通学定期券の適用範囲に関する提案は、①18歳未満ならば誰でも通学定期券を発行する、②フリースクールに通う子どもには発行する、③フリースクールのガイドラインを設け、そこに通う子どもに発行する、④フリースクールに通いながら、高校にも通っている子どもには発行する、などが出された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...