不登校新聞

249号(2008.9.1)

書評「誕生日の子どもたち」

2014年08月07日 15:42 by nakajima_


 ジヴァンシィのシックな黒いドレスに身を包んだオードリー・ヘップバーンが、ティファニーのショー・ウィンドウを眺めながら、クロワッサンを口に運ぶ--。これは映画『ティファニーで朝食を』の冒頭のワンシーンである。すでにご覧になった方も多いであろう。

 カポーティは『ティファニー』の原作者としても名高く、一般的には都会的で洗練された作家として認知されている。しかしながら、その裏に潜む彼のもう一つの表情に近づきたいのだとすれば、ぜひ本作を手に取ることをお勧めする。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...