不登校新聞

249号(2008.9.1)

ひといき 前澤佳介

2014年08月07日 15:21 by nakajima_


 長野県にある友人の別荘に遊びに行ったのですが、その別荘の軒下に蟻地獄がたくさんあるのを見つけました。

 蟻地獄がどうやって蟻を捕まえるのか見たことがなかったので、ちょっと残酷ですが蟻を手でつまんで蟻地獄に入れてみました。蟻がすり鉢状のくぼみに落ちると、底から蟻地獄が出てきて、必死に這い上がろうとする蟻に向かって何度も砂を浴びせかけ、落ちてきた蟻をあっというまに仕留めてしまいました。

 一度落ちたら二度と脱出できない、美しいすり鉢状のくぼみ、鮮やかに蟻を滑り落とす砂の浴びせ方……。すっかり蟻地獄に魅了されてしまった夏の一日でした。 (東京編集局・前澤佳介)

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...