不登校新聞

249号(2008.9.1)

ひといき 前澤佳介

2014年08月07日 15:21 by nakajima_


 長野県にある友人の別荘に遊びに行ったのですが、その別荘の軒下に蟻地獄がたくさんあるのを見つけました。

 蟻地獄がどうやって蟻を捕まえるのか見たことがなかったので、ちょっと残酷ですが蟻を手でつまんで蟻地獄に入れてみました。蟻がすり鉢状のくぼみに落ちると、底から蟻地獄が出てきて、必死に這い上がろうとする蟻に向かって何度も砂を浴びせかけ、落ちてきた蟻をあっというまに仕留めてしまいました。

 一度落ちたら二度と脱出できない、美しいすり鉢状のくぼみ、鮮やかに蟻を滑り落とす砂の浴びせ方……。すっかり蟻地獄に魅了されてしまった夏の一日でした。 (東京編集局・前澤佳介)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...