不登校新聞

392号 (2014.8.15)

【親手記】あふれる不登校情報 何を信じれば

2014年08月08日 16:29 by nakajima_


 中3の息子は、中1の秋から不登校になりました。小学生のころは学校が大好きだった息子がまったくの別人になってしまったようで、息子に「なぜ? どうして?」と詰め寄りました。何を聞いても黙り込み、どれだけ時間を割いても固まったままの息子に、どう働きかけたらよいかわからず、ある不登校支援の場に相談に通いました。

 しかし、学校に戻すことを中心とした対応に、息子はさらにつらさを増し憔悴していきました。

 私は自分を「取り返しのつかない子育てで、息子を苦しめている最低の母親」だと思い、今から思えば根拠のない罪悪感で自らを責める毎日でした。

◎登校刺激って必要なの?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

息子の不登校を責められて 折れかけた心を救ってくれたもの

488号 2018/8/15

わが子を信じて待つ~“待つ”の意味をまちがえていませんか?

485号 2018/7/1

「不登校の理由を教えて」今でも後悔している息子への対応【特別企画・親子ともに不登校~母親編】

481号 2018/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...