不登校新聞

392号 (2014.8.15)

不登校6年ぶり増 12万人に

2016年10月14日 18:28 by nakajima_


 文科省は8月7日、「学校基本調査」の速報値を発表した。それによると、2013年度の小中学生の不登校は11万9617人(前年比6928人増)、6年ぶりに増加に転じた。また発達障害の子どもらが通う「特別支援学級」には18万7101人(同1万2220増)。18年連続で増加となった。ここ6年間は、毎年、ほぼ1万人ずつ増加を続けている。

 不登校児童生徒の内訳は小学校2万4175人(同3000人増)、中学校9万5151人(同3932人増)。中等教育学校261人(同78人増)だった。なお「病気」「経済的理由」「その他」を含めた理由別長期欠席者数は18万1301人(同5532人増)。こちらも7年ぶりに増加に転じた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...