不登校新聞

248号(2008.8.15)

第248回 不登校、10万人の大台に

2014年08月21日 15:38 by 匿名

連載「不登校の歴史」


 本紙「不登校新聞」が創刊され、金属バット事件裁判のあった98年は不登校をめぐる状況はどういうようすだったろうか。ちょうど今から10年前ということになる。まず、特徴的だったのは、毎年8月に発表される文部省(当時)の学校基本調査速報で不登校の小中学生数が10万5千人となり、10万人の大台にのったことである。

 これは文部大臣をあわてさせ、スクーリング・サポート・プログラム(略してSSP)は民間も対象とする、という方針を打ち出させた。それまで不登校支援に税金を使うといっても、フリースクールや市民活動には、何の援助もなかった。小学生や中学生をという義務教育期間の子どもたちの成長支援を行なっていること、親たちは税金を払い、学校教育費用を負担しているにもかかわらず、いったん不登校となると何の資金的応援なく、フリースクールの費用は親の負担となり、二重払いとなっているのはおかしい、と感じ、要望も出していた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...