不登校新聞

247号(2008.8.1)

NPO紹介 NPO団体バレエノア

2014年08月27日 15:13 by nakajima_


 今回、NPO団体として紹介するのはBalleNoah(バレエノア)。今春、女子高生ダンサー11名が「いじめ」をテーマに公演を行ない、注目を集めた。バレエノア理事の瀬山紀子さんにその活動内容などをうかがった。

 バレエノアは、高崎沼田バレエスタヂオがベースとなり、96年に発足した団体。2004年にNPO法人資格が認証され、バレエやダンスの出張公演や表現のためのワークショップを開催している。出張公演では、幼稚園、保育園、小中学校、小児病院、老人施設、障がい者施設などに足を運んだ。必然、観客にはいろんな人がいる。公演直前まで軍歌を熱唱し続けるおじいさんや視覚や聴覚がない障がい者……、なかでも瀬山さんの心に残っているのは小児病院を訪れたときだ。

 「無菌状態の病室に入ったときは衝撃的でしたね。いくつもいくつも扉を開けた奧の病室には、本当に小さな子どもたちが何人も入院していました。私たちが入ると、ある女の子が近づいてきて、ぐっと睨むような険しい表情で、いきなり私の胸を掴んだんです」。

 この女の子がどうしてこういう行動に出たのかわからないが、瀬山さんの胸には、はげしく迫るものがあった。

 既存のバレエ公演という枠にとらわれず、新たなつながりを生もうとすることをバレエノアでは目指している。

 作品づくりは"問い”から

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

「多動は自然になくなる」精神科医が説く発達障害

189号(2006.3.1)

「子育ては失敗しちゃいけない?」教育ジャーナリストに聞く

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...