不登校新聞

393号 (2014.9.1)

中学生の“2学期前自殺” 月平均の倍に

2014年08月29日 13:12 by shiko


 本紙取材によると、中学生の自殺は、2学期開始前となる8月にと突出して多くなることがわかった。とくに2013年8月は15件と、月平均8件のほぼ2倍に及んだ。内閣府は、この「2学期前自殺」についてなんら分析を進めていない。一方、新学期を前に思い悩む当事者に向けて、不登校経験者は動画を配信した。

 内閣府のまとめ(平成25年中における自殺の状況)によると、学生全体の自殺が多いのは3月と9月。昨年も学生全体の自殺件数は9月がもっとも多い。


 
 ただし学校種別に見ると自殺が多い月にはバラつきがあることもわかった。顕著だったのは中学生。中学生の自殺者件数を月別に見ていくと8月が突出して多いことがわかる。昨年は15件と月別平均の8件より倍近い数の自殺者が出た。過去5年間の月別・平均件数も8月がもっとも多い。大学生は学生全体と同様に3月と9月が多くなったが、高校生は2月、3月をのぞき、毎月平均値に近い件数が並んだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

あなたは知っていますか? 1年で最もいじめが多い時期

487号 2018/8/1

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

487号 2018/8/1

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...