不登校新聞

393号 (2014.9.1)

書籍紹介『よい親でなくとも子は育つ』

2014年08月29日 15:56 by kito-shin

『よい親でなくとも子は育つ~83歳、小児科医の太鼓判』
著者:毛利子来/出版:ジャパンマシニスト社(℡:0120-965-344)/1300円(税別)


 よい親でなくとも子は育つ――。そんな言葉を投げかけてもらえたら、親の不安はどれだけ和らぐことか。
 
 私自身、若輩ながら、不登校に関わりはじめて10年あまり。本紙に関わる前には、公立中学校で相談員業務に就いていました。この間、不登校の子どもを持つ親の話を多く聞いてきました。
 
 いつも思うのですが、親はみな、すごくがんばっているんです。とくに、お母さんは本を読み、講演会にも足繁く通います。にもかかわらず、相談機関に出向いた際、どれだけの専門家がこうした母親の労をねぎらってくれるでしょう。むしろ、「甘やかしているから」「愛情不足が原因」など、まるで子育てをまちがえたかのような批判を浴びせることもめずらしくありません。

 そんなとき、ぜひ本書を手に取っていただきたいのです。著者は御年83歳の小児科医・毛利子来さん。長年の専門的経験から紡ぎ出された「子育て10の知恵」は非常に興味深い指摘であると同時に、「子どもを一番知っているのは親」「親のほうがたしかな診断をすることもある」と、医師の立場からはっきり言い切ってしまうところに、私なんぞは強く共感してしまうのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

書評『欲ばり過ぎる日本の教育』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...