不登校新聞

246号(2008.7.15)

声「べてる大好き!」

2014年09月04日 14:49 by nakajima_


 6月15日号で掲載されていた「新潟市 フリースクールの13名へ出席督促書」を読みました。出席催促書を出した責任者の耳もとでメガホンで叫びたいですな。

 「それを受け取った子どもさんが、どんな気持ちになるか、よーく考えてみぃー!」

 きっと、「やっぱり自分は悪いことをしてるんだなあ」と胸を塞がれてしまうと思うのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...