不登校新聞

246号(2008.7.15)

ひといき 山下耕平・前澤佳介

2014年09月04日 15:35 by nakajima_

 バジルを育てている。ひとつのプランターに3株。成長の早さはそれぞれちがう。ちがうのは当然として、驚かされたことがある。一番目のバジルとくらべ、二番目のバジルは背は低いものの、そのぶん葉っぱが大きくなった。三番目のバジルは、とっても貧弱な葉っぱをつけていたのだが、急にひょろひょろと背を伸ばして、背が一番高くなった。

 どうやって、自分の置かれている状況を把握しているのだろうと不思議なのだが、どうみても状況に応じて成長のあり方を変化させているとしか思えない。たぶん、不思議に思うのは、脳みそ中心主義の愚かさなんだろう。きっと同じことは、自分にも起こっているのだ。(大阪通信局・山下耕平)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...