不登校新聞

350号(2012.11.15)

「私たちの不登校、その後」栗田隆子

2013年08月12日 11:34 by kito-shin

ぼ~っとやってますよ



 ひさびさの不登校新聞社からの連絡だった。不登校経験の「その後」を書いてほしいという依頼。やっぱり読者の方は「その後」が気になるのか。私が不登校を経験して、20年は経とうというのに、いまだに不登校は「特別」なのだろう。
 
 私が不登校をしていたころ、不登校は「豊かな社会の病理」の結果と言われてた。2012年現在、日本社会を「豊か」と表現する人は少ない。しかし不登校経験者の「その後」が気になる程度には、いまも不登校は「特別」な経験のようである。20年経ってもこそこは変わってないことをどう捉えたらよいのだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...