不登校新聞

394号 (2014.9.15)

書籍紹介 当事者から見た“休む意味”を説いた本

2014年09月12日 15:38 by koguma


 子どもが不登校をした際、「休むこと」がなぜ大切なのか。その意味を不登校経験者の実体験からひも解いた1冊だと言っても差し支えないでしょう。
 
 著書の三浦真弥さんは現在、大学生。不登校になったのは高校2年生の冬でした。当時のようすを克明に記録した部分については、私が思うに「心が死にかけていたのではないか」というほど壮絶です。嘔吐が止まらず、1日1食の生活が3週間続く。しだいに手足を動かす・声を出す・風呂に入るといった当たり前のことができなくなる。布団で寝たきりの状態となり、ただ窓の外を眺めるだけの日々が続くのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...