不登校新聞

394号 (2014.9.15)

当事者手記 “死にたい”なぜくり返したか?

2014年09月12日 15:44 by kito-shin
2014年09月12日 15:44 by kito-shin


 私は小学3年から中学3年まで不登校でした。学校ではひどいイジメを受け、家では父親に学校に行かない理由を激しく問い詰められていました。そのためか、家族に「死にたい」「消えたい」という言葉をくり返し言っていました。しかしいまになってふり返ってみると、その言葉の裏に隠されている本当の意味は、「生きていたいからこそ、これ以上、私の存在を否定して苦しめないでよ!」というSOSだったと、思うのです。
 
 私はときどき、親の会などでその言葉の本意を話すことがありますが、「そういうときに命の大切さを教えるのが親の愛情じゃないか」とおっしゃる親御さんもおられます。たしかにそれも親の愛情かも知れませんが、私の経験上、それは子どもをさらに追い詰めてしまい、逆効果しか生みません。
 
 親が感じている不安は、あくまでも、子どもの現状への否定感や将来に対する「親自身の不安」であって、子ども自身が感じている苦しみや不安などとは、大きくズレているのではないでしょうか。子どもは、大人の言う「命の大切さ」はわかっているけれども、生きているのがつらすぎて「死にたい」という言葉でしか、その苦しみを表現できないほどにまで苦しんでいることに、気づいてほしいと思うのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分のなかにいつも母が居た」 僕が不登校を通して自分の主張をできるようになるまで

599号 2023/4/1

「あのころの自分を抱きしめたい」 不登校経験者が苦しかったころの自分に伝えたいこと

599号 2023/4/1

親が力むと子どももつらい 不登校支援の専門家が語る親のつらい気持ちの手放し方

598号 2023/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

599号 2023/4/1

現在小学3年生の息子を持つ母親・カナコさんは、息子が元気になったサインを待ち続…

598号 2023/3/15

毎日の出席連絡や学校からの配布物など、不登校中の悩みの種になる学校対応。元公立…

597号 2023/3/1

「うちは学校をやめます」。小1の娘が不登校したとき、母親の天棚シノコさんは夫と…