不登校新聞

394号 (2014.9.15)

不登校Q&A「私の心が折れそう」

2014年09月12日 17:22 by koguma


【質問】
 中学2年生の息子が不登校になって1年あまり。無理やり学校に行かせようとは思っていないのですが、昼夜逆転の生活がずっと続いていることが気になっています。
 
 来年は高校受験を控えていることもあって、親として焦る気持ちがなかなかぬぐえず、つい小言が出てしまいます。すると、子どもからひどい暴言が返ってきてしまい、自責の念もあいまって、私の心が折れそうになってしまう日もあります。つぎつぎとわいてくる不安や孤独感とどう向き合ったらいいのか、教えてください。

【回答】
 不登校する子どもの気持ちが日々変化するように、それを受けとめる親の気持ちも毎日のように揺れ動きます。「ゲームばかりしている」「お風呂に入らない」「将来働けるのかしら」など、という不安が湧いては消え、また新たに……というなかで、つらい気持ちになるときもあります。そこで、さきほどの4人の先輩お母さんに、そういう状況をどう乗り切ってきたのか、うかがいました。すると、異口同音にすすめられたのが「不登校の親の会」。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...