不登校新聞

394号 (2014.9.15)

不登校Q&A「私の心が折れそう」

2014年09月12日 17:22 by koguma


【質問】
 中学2年生の息子が不登校になって1年あまり。無理やり学校に行かせようとは思っていないのですが、昼夜逆転の生活がずっと続いていることが気になっています。
 
 来年は高校受験を控えていることもあって、親として焦る気持ちがなかなかぬぐえず、つい小言が出てしまいます。すると、子どもからひどい暴言が返ってきてしまい、自責の念もあいまって、私の心が折れそうになってしまう日もあります。つぎつぎとわいてくる不安や孤独感とどう向き合ったらいいのか、教えてください。

【回答】
 不登校する子どもの気持ちが日々変化するように、それを受けとめる親の気持ちも毎日のように揺れ動きます。「ゲームばかりしている」「お風呂に入らない」「将来働けるのかしら」など、という不安が湧いては消え、また新たに……というなかで、つらい気持ちになるときもあります。そこで、さきほどの4人の先輩お母さんに、そういう状況をどう乗り切ってきたのか、うかがいました。すると、異口同音にすすめられたのが「不登校の親の会」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...