不登校新聞

350号(2012.11.15)

東京ゲームショウに行こう

2013年04月17日 14:48 by kito-shin


◎子ども若者編集部企画「東京ゲームショウに行こう」


 9月21日、「東京ゲームショウ2012」の取材に行きました。
 
 「東京ゲームショウ」(以下、TGS)というのは、世界最大級の新作ゲーム見本市。日本企業にかぎらず、海外企業や、ゲーム開発の専門学校など、さまざまな団体がこのイベントに出展していました。
 
 どの企業も毎年新ハードや新作ゲームソフトの発表に余念がありません。
 
 去年のTGSは「PSvita」の発表もあり、さまざまな企業が新作のゲームソフトの発表に力をいれているのがたいへん印象的でした。しかし、今年は例年とはややちがう印象を受けました。任天堂が「WiiU」の発表をしないことによりゲーム見本市としての魅力が薄かったのが第一印象です。
 
 そもそも任天堂は毎年独自イベントのほうを優先しTGSには参加しないのですが、「WiiU」は今年のゲーム関連の発表のなかではトップレベルにインパクトのあるものだったので正直拍子抜けといった感じでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

189号(2006.3.1)

私が求めるもの「安心できる繋がりと自分を問う時間」

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...