不登校新聞

244号(2008.6.15)

第244回 金属バット事件

2014年09月18日 15:11 by 匿名
 

連載「不登校の歴史」


 「不登校新聞」創刊号に載せた金属バット事件とは、どういう事件だったのだろうか。

 それは96年11月6日に起こった。日ごろから家庭内暴力をふるっていた中3の男の子に対し、この日の明け方、父親は寝ていた男の子を金属バットで殴り殺害した。2000年を境に親が子を殺すという事件は、しばしば起きているが、この事件はその"はしり”と言える。

 この男の子をAくんとする。Aくんは両親共働きのため、生後3カ月から保育園に入るが、人見知りも強く、デリケートで、保育園に「行きたくない」とよく泣いたそうだ。小学校に入学しても、なかなか洋服は着ないし、ランドセルは背負わないし、毎日のように学校に行きたくない理由をいろいろと父に出していた。しかし父は、それを説得し、「学校に行こう」と言う。Aくんは玄関のドアにしがみついて抵抗していた。

 それをひきずるように学校まで連れて行き、校門で待っている先生がその先を連れて校内に入る、という無理な登校を3カ月間もやっていた。つまり1日も休めなかった。小学校を卒業するとき、皆勤賞をもらった、とマスコミは報道している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...