不登校新聞

244号(2008.6.15)

葛飾中開校1周年記念企画 270名参加

2014年09月18日 15:18 by 匿名
 08年6月1日、東京シューレ葛飾中学校にて、同校開校1周年を記念する集い「いま、子ども中心の教育がおもしろい」が開催された。公開企画となった今回は、NPO法人東京シューレと学校法人東京シューレ学園の共催によって行なわれ、参加者は270名にのぼった。

 当日は、奥地圭子による基本講演を皮切りに始まった。「東京シューレは何を目指しているのか~東京シューレ葛飾中学校1年の実践」と題し、公教育制度外に創り出したフリースクールの子ども中心の教育に加え、そのなかで公教育化を考え、準備と開校から1年を経ての活動実践報告がされた。また、開校1年目のようすをまとめたビデオもあわせて上映された。

 続けて、私立「きのくに子どもの村学園」の堀真一郎校長が「きのくに子どもの村の自由な子どもたち」と題して話された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...