不登校新聞

243号(2008.6.1)

フリースクール環境整備議員連盟発足

2014年09月25日 14:23 by nakajima_


 08年5月末、超党派の「フリースクール環境整備推進議員連盟」が発足した。この議員連盟は「子どもたちの学ぶ場のさらなる発展を支える」ことを目的として発足する。当面の課題としては、フリースクールに通う高校生年齢の子の通学定期券適用や博物館などでの学割料金適用。その後は、ほかの課題にもとり組んでいく予定だ。

 フリースクール環境整備推進議員連盟の呼びかけ人は、鈴木恒夫氏、馳浩氏、義家弘介氏(3名とも自民)、小宮山洋子氏、林久美子氏(ともに民主)、富田茂之氏(公明)、石井郁子氏(共産)、保坂展人氏(社民)、亀井久興氏(国民新党)の9名の議員。会長は鈴木恒夫氏、幹事長は馳浩氏、事務局長は小宮山洋子氏になる見込み。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

10代前半の自殺、100年ぶりの高水準に上昇

516号 2019/10/15

多様な学びとは何か 全国のフリースクール関係者が議論

516号 2019/10/15

不登校・いじめ対策76億円。いったい何に使うお金なのか

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...