不登校新聞

243号(2008.6.1)

厚労省まとめ 過労自殺、07年は81人

2014年09月25日 14:30 by nakajima_
 08年5月23日、厚生労働省は2007年度の労災補償状況をまとめた。それによると、07年に労災認定を受けた人のなかで、過労が原因でうつ病などの精神疾患にかかり自殺(未遂を含む)した人は81人に達し、前年度に比べ15人増加していた。自殺者の数は2年連続、過去最多を記録した。

 自殺を含む過労による精神疾患を申請したのは952人(前年度比16%増)、うち認定者は前年度より30%増の268人。いずれも過去最多であった。

 認定者の年代では30代が37%、20代が25%、40代が23%の順で、若い世代が目立った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...