不登校新聞

341号(2012.7.1)

「こころの健康」早期介入問題

2013年04月19日 12:00 by kito-shin

基本法骨子案、作成段階へ

◎「こころの不健康」を予防?

 「こころの健康推進議員連盟」が「こころの健康基本法案(仮称)骨子案」をまとめていることがわかった。基本法骨子案には、精神疾患への「予防および早期の『気づき』を可能にする施策の充実」という文言が盛り込まれているなど、「こころの不健康を疑われる者」への早期発見・早期支援を目指した内容になっている。

 「こころの健康基本法案(仮称)骨子案」は「国民のこころの健康の保持に資すること」を目的とした法案。法案が定義する「こころの健康」とは「人が個人として尊厳を保持し、精神的に充実した日常生活または社会生活を営むことができている状態」にあること。法案では、国、自治体はこころの健康環境の整備に係る施策を総合的に策定・実施することを責務とし、国民は正しい知識を持ち、環境整備に係る施策に協力するよう努める責務を規定した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...