不登校新聞

243号(2008.6.1)

第3回 “病”の絆

2014年09月25日 14:35 by nakajima_


連載「日々発見」


 べてるの家では、6年前から「当事者研究」という活動がはじまっています。この活動は、さまざまな統合失調症をはじめとするさまざまな生きづらさをかかえながら地域で暮らす当事者の活動のなかから生まれた暮らし方のプログラムです。特徴は、生活に密着した苦労を「テーマ」として取り上げ、家族や支援者と連携しながら「研究」し、当事者ならではのユニークな生き方や苦労への対処法を見出して、現実の生活のなかに活かしていこうとするところにあります。この活動は、徐々に広がりをみせ、全国はもとより、おとなりの韓国でも、ソーシャルワーカーが中心になって導入しようと準備をはじめています。道内では、浦河はもちろんのこと、苫小牧市や札幌市でも定例的に当事者研究に取り組むようになりました。

 先日も札幌で交流会が持たれ、40人近くの関係者が集う盛況ぶりでした。その集まりの常連で、統合失調症をかかえながら「幻聴さん依存からの脱却の研究」に取り組んでいるA子さんは、毎回、司会進行もこなすベテランです。そのA子さんが、いつになく表情が冴えず、はじまると同時に「向谷地さん、今日は、幻聴がひどいので帰らせていただきます」といって突然帰ってしまうというハプニングがありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...