不登校新聞

243号(2008.6.1)

声「公的支援の必要性」

2014年09月25日 14:42 by nakajima_


 先日、NHKで「セーフティネット・クライシス」という番組が放送されていました。日本の社会保障の根幹が揺らいでいる実態が明らかにされ、日本社会そのものが大きな曲がり角に立っているように思いました。

 母子家庭や低所得者の困難な状況に関連して、母子家庭の支援や子ども居場所づくりなど地域で子育て支援にとり組む「冬月荘」という釧路のNPO活動が紹介されました。そのなかで不登校の子どもの学習支援の活動にもとり組んでいるようすについても放送されていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...