不登校新聞

243号(2008.6.1)

書評「オタクはすでに死んでいる」

2014年09月25日 14:56 by nakajima_


 日本文化の隆盛が生んだオタク。アニメ、マンガ、鉄道、旅行、グルメ、ファッションなどなど、その層は広い。オタク研究の第一人者が岡田斗司夫氏。氏の近著が『オタクはすでに死んでいる』(新潮新書)。タイトルからして穏やかではない。

 氏曰く、最近のオタクに変化が感じられる。その変化は、オタクが好きな商品を購入するだけの「消費者」になってしまっていること。オタクとは好きで好きでたまらくて、「それを抑えきれずに人に伝えてしまう人」なのである。そして、世間の厳しい風評にも、自身で培った自負心と社会性でガンと立ちはだかる「貴族」なのだ、と主張した。

 貴族がいかに消費者に堕ちてしまったのか。本書は日本社会と国民性の変容があったと理論づけている。自然、指摘はオタクにとどまらない。すでに私は本書を「今年一番の名著」だと予言したい。なので結論部分は拝読をいただきたいのだ。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...