不登校新聞

243号(2008.6.1)

第243号 「不登校新聞」創刊のころ

2014年09月25日 15:00 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 「不登校新聞」第1号が、1998年5月1日、無事創刊された。マスコミへの記者会見には、何社も来てくれた。「登校拒否を考える全国ネット」のあちこちの会が協力してくれ、申込みは、6000部にのぼった。電話、FAX、郵便、申し込み、問い合わせ、お金の管理、次の編集や取材など、いろいろな人が手伝ってくれたからできたものの、てんやわんやというのは、ああいうことを言うのだろう。

 発送がまた大変だった。それは、まったく、いまにいたるまでそうなのだが、不登校の子どもを持つ母親たちが、今号は12名、次の号は10名、という具合に協力くださった。前日に、まず、住所宛名を書いた帯封の準備がある。発送当日は、朝から日暮れまで、そのお母さんたちが、折ったり、ノリづけしたり、本当に手がインクで真っ黒になっての作業であった。まったくのボランティア協力だが、雰囲気は、とても楽しそうだった。「いや、ほんとに来るのが楽しみですよ」といっておられた。作業しながら、いろいろなことを心おきなくしゃべれるのが楽しいのだという。終わったら残れる人で飲みにいったりもして、「これが楽しみでね」という人もいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...