不登校新聞

243号(2008.6.1)

ゲバラの娘・初来日講演

2014年10月02日 15:20 by nakajima_


 5月、チェ・ゲバラ(メモ参照)の娘・アレイダ・ゲバラさんが日本に初来日した。来日は、アテナ・ジャパンやキューバ友好円卓会議など、市民が実行委員会を組んで実現した。5月17日の東京講演会では450名が参加。アレイダ・ゲバラさんは、キューバの歴史を追いながら、医療状況やアメリカの経済封鎖について、話された。講演の抄録を掲載する。

 こんにちは。今日はこんなにたくさんの人が来ていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。今日はたくさんお話したいことがあります。でも……いつも時間はありません(笑)。まずは大急ぎでキューバの歴史をふり返りつつ、教育と医療について触れたいと思います。

 キューバにとって大きな社会的変化といえばキューバ革命です。キューバ革命が起きたのは1959年1月1日。この日以来、キューバは革命を続けています。

 革命以前、国内の医療は皆無に等しかったと言えます。医師の数は人口500万人に対し6000人しかいませんでした。しかもその半数が都心におり、乳児死亡率は0・6%でした。また、教育も充分ではなく識字率は33%でした。

 こうした現状は米国による支配政治が影響していました。1902年、キューバはスペインから独立しましたが、独立の際に介入を許した米国に、その後支配されることになります。米国はキューバ国内に2万ヘクタールもの土地を独占していました。また、製糖業、乳工業、石油業、それに銀行や電話会社などが米国企業の進出によって事実上独占されていたのです。とくに1952年のクーデター以後、支配政治は顕著になりました。もうキューバの人は生きていけない」、そういう機運が高まっての革命だったのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...