不登校新聞

243号(2008.6.1)

メモ「キューバ共和国とチェ・ゲバラ」

2014年09月25日 15:08 by nakajima_

 キューバ共和国の面積は11万922平方㎞。日本の本州の約半分ほどである。人口は1124万人(07年時点)。首都はハバナ。人口の民族構成としては混血が半数を占め、残りの半分をヨーロッパ系とアフリカ系が25%ずつ占めている。

 チェ・ゲバラは1928年生まれ。国境や国籍にとらわれず平等主義者であったチェ・ゲバラはラテンアメリカ各地で反戦運動を行なうなか、フィデル・カストロとの出会いでキューバ革命に参加。革命軍の指揮者としてキューバ革命に貢献した。その後、さらなるラテンアメリカの革命を目指してボリビアで活動中に政府軍にとらわれて1967年10月9日に銃殺された。当時39歳だった。今でもチェ・ゲバラの理念はラテンアメリカ人民の礎となっている。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...