不登校新聞

243号(2008.6.1)

ひといき 小熊広宣・山下耕平

2014年09月25日 15:10 by 匿名
2014年09月25日 15:10 by 匿名

 「ねじれ国会」。メディアがこぞって使うこの物言いが、ずっと腑に落ちない。「ねじれ」とは、関係性において好ましい状態を指す言葉としては一般的に用いられないからだ。これでは、衆参両院で与野党勢力が異なる状態は好ましくないという印象を与えかねない。

 さきの参院選で野党が大勝したことは、1つの民意である。民意がこの現況を生みだしたのだ。メディアはなぜ、「ねじれ」という表現を用いるのか。それは誰から見て「ねじれ」ていると言いたいのか。「ねじれ」ていることにより、不都合を感じているのは、はたして誰か。私自身、小さなメディアに関わる者として、言葉の一つひとつにも、つねに気を払いたい。(東京編集局・小熊広宣)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

547号 2021/2/1

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

ひといき 堂満由美・多田耕史

251号(2008.10.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…