不登校新聞

341号(2012.7.1)

「健康政策による取り締まり」評論家・佐々木賢

2013年04月19日 11:59 by kito-shin
 1994年、マラケシュ協定が作成され世界貿易機関(WTO)が設立されました。これにより教育、郵便、福祉、医療、刑務所など、あらゆる公共機関が民営化へ、つまり商品化する流れができました。その後、約20年間で世界各国の格差は広がり、若年失業者が急増しています。格差が広がると、各家庭・個人は孤立を深め、苦しさを抱えざるを得ない人たちが増えていきます。そうすると「問題行動」が増えていくことが懸念され、あちこちでその引き締め政策が行なわれています。わかりやすいのは少年法の厳罰化でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

197号(2006.7.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【三重県津市】

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...