不登校新聞

341号(2012.7.1)

「健康政策による取り締まり」評論家・佐々木賢

2013年04月19日 11:59 by kito-shin
 1994年、マラケシュ協定が作成され世界貿易機関(WTO)が設立されました。これにより教育、郵便、福祉、医療、刑務所など、あらゆる公共機関が民営化へ、つまり商品化する流れができました。その後、約20年間で世界各国の格差は広がり、若年失業者が急増しています。格差が広がると、各家庭・個人は孤立を深め、苦しさを抱えざるを得ない人たちが増えていきます。そうすると「問題行動」が増えていくことが懸念され、あちこちでその引き締め政策が行なわれています。わかりやすいのは少年法の厳罰化でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「中動態の世界」から見た不登校 意志という幻想が奪った言葉

488号 2018/8/15

なぜ学校へ行けない子がいるのか、その根本に広がる社会的錯覚

485号 2018/7/1

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...