不登校新聞

395号 2014/10/1

かがり火 森英俊

2014年09月29日 11:43 by kito-shin


 「アンと花子」の原作者・村岡花子と、多くの童謡や詩で知られる北原白秋は、花子の母校東洋英和女学校の校歌作詞でつながりがある。北原白秋年譜によると、白秋は明治18年福岡県柳川市の出身。

 16歳のころ、柳川の大火で実家を消失し、通っていた伝習館を落第したのち中退して、早稲田大学に入学。このころすでに白秋の号を使っている。20歳で早稲田学報の懸賞に入選し、その後与謝野鉄幹の新詩社に入社。

 一方、花子は明治26年、甲府の生まれで女学校を卒業後、教員や翻訳者として地道な生活を送った。二人が出会うのは、昭和15年の児童文化賞の授賞式。村岡花子はラジオ番組の語り手として有名になっていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...