不登校新聞

341号(2012.7.1)

論考AKB48 AKBに重ねる価値なき自分

2013年07月23日 15:33 by kito-shin

一つの明確で残酷な指標が、ちがう生き方を切り拓いてく



 なぜ、僕はAKBを見ると元気がでるのか。
 
 18・7%の視聴率をとったAKB48総選挙。多くの人が注目した結果だ。しかしその楽しみ方はひとそれぞれ。
 一言でいうと、総選挙を本当に楽しむには多大な事前努力がいる。それは投票権を買うとかそういうことではない。彼女たちが選挙でさらけだす感情を「解釈できるだけの事前調査」をするか否か。それをしていれば、選挙から生まれる物語は別次元の輝きを放つ。
 
 僕の場合をお話しよう。2010年冬、私は打ちひしがれていた。ようするに、挫折していたのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...