一つの明確で残酷な指標が、ちがう生き方を切り拓いてく



 なぜ、僕はAKBを見ると元気がでるのか。
 
 18・7%の視聴率をとったAKB48総選挙。多くの人が注目した結果だ。しかしその楽しみ方はひとそれぞれ。
 一言でいうと、総選挙を本当に楽しむには多大な事前努力がいる。それは投票権を買うとかそういうことではない。彼女たちが選挙でさらけだす感情を「解釈できるだけの事前調査」をするか否か。それをしていれば、選挙から生まれる物語は別次元の輝きを放つ。
 
 僕の場合をお話しよう。2010年冬、私は打ちひしがれていた。ようするに、挫折していたのだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。