不登校新聞

341号(2012.7.1)

不登校の歴史 第341回

2013年07月23日 15:33 by kito-shin

いよいよ開校!



 「心を入れ替える?  そんな…」と思いつつ、なんと答えればよいか緊張が走った。「はい、フリースクールと学校のちがいは承知しているつもりです」。
 
 2006年10月17日の現地視察とヒアリングはこうして終わったが、その結果は6日後、東京都の私学審議会で決まるのでドキドキだった。
 
 10月23日、学校設立の認可を適当と認める旨の答申が無事に出され、本当にホッとした。そして多くの協力者に、心のなかで「みなさん、ありがとう」と言ったのだった。
 
 これを受けて、この日に開校準備室を設置。11月14日には都庁に呼ばれ、東京シューレ学園の認証交付式があった。同日、東京シューレ学園の第1回理事会と評議員会を開催し、予算と事業計画を確定、フリースクールの子どもや親に説明会を開いた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...