不登校新聞

242号(2008.5.15)

第4回 湯澤直美さんに聞く(上)

2014年10月02日 14:55 by 匿名


連載「シングルマザーから見えるもの」


 連載「シングルマザーから見えるもの」では、自立への社会的要請が強まるなど、近年のシングルマザーをめぐる変化について取りあげてきた。しかし、そもそもその背景にはどのような問題があるのか、立教大学准教授の湯澤直美さんにお話をうかがった。

――シングルマザーなど、日本では女性への社会福祉整備が遅れていますね。
 そもそも、女性にまつわる諸問題は「家族」という制度やシステムとの絡みのなかで規定される面があります。日本では「家族」というものが法的に強固なシステムとして、社会的に位置づけられてきた背景があります。

 近年、女性の社会進出が増えるなど、現象面ではたしかにさまざまな変化がありました。一方、戸籍などの法的な問題は根っこのところでそのままです。その結果として、女性を従属的な立場に置く「制度としての家族」というもののあり方に対する社会的認識は大きく変化したとは言えません。

 シングルマザー問題にしても、こうした制度そのものがマイノリティをつくりだしている側面があり、そのことに自覚的になれない状況が今の日本にはあると思います。たんに数としてのマイノリティではなくて、社会意識としてもマイノリティにおかれているということなんですね。

 家庭状況にそぐわぬ縛り

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校時の趣味を仕事にした漫画家が描く「僕の不登校その後」

552号 2021/4/15

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...