不登校新聞

242号(2008.5.15)

読者の眼「教育復興基本計画ってなんなの?」

2014年10月02日 13:33 by 匿名
 国の『教育振興基本計画』というものがある。Fonteのため、ふつうの新聞みたいな解説はやめて、わかりやすくおもしろく解説したい。

 『教育振興基本計画』は、はっきり言えば予算獲得のためのツールで、今年から作成される。文部科学省にとっては、ピカピカの最新鋭ジェット機みたいなものになるはずだった。基本計画によって、文科省はただの監督官庁から近代的な政策官庁に離陸し、予算をバシバシと獲得できるようになるはずだった。

 しかし、現実に出てきた中教審答申は、ごたいそうな教育談義がえんえんと続くが、「ようするに、何ができるようになるの」と読むと、いままででもやれたことがほとんどだった。

 教育基本法改正は、愛国心を盛りこみたい自民党と、『教育振興基本計画』がほしい文科省のあいだの取引が成立して実現した、ということは関係者に周知の事実。それほどまでして手に入れた基本計画なのに、これでは意味がない、という声もしきり。

 不登校支援は、重点施策の一つに入っている。入っているが、内容は従来型そのもの。

■不登校の子ども等の教育に対する支援

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...